1970年の新車。パートXNUMX。

Auto Motor Klassiek » 物品 » 1970年の新車。パートXNUMX。
古典買取あり(コピー)

1970年の自動車年は、さまざまな新車をもたらしました。 ブレークスルーを引き起こしたものもあれば、道を開いたものもあります。 自社の納期をさらに強化したメーカーもありました。 パート3では、フォルクスワーゲンになったNSU、カデットとして運命づけられたアスコーナ、そしてカローラの名前を決定的に確立したトヨタ世代について詳しく読むことができます。

フォルクスワーゲンK70、1970-1975

実際、1970年に導入されました フォルクスワーゲンK70 水冷エンジンを搭載した初のVW。 それでも、それはデザインの点でフォルクスワーゲンではありませんでした。 広告キャンペーン「UmsteigenaufNSU」はすでに終了しています。 しかし、フォルクスワーゲンの懸念によるNSUの近接性は、NSUコルベン70として開発された新しい中産階級がVWK70としてデビューしたことを意味しました。 マスコミは、シャープなラインとたくさんのガラスを備えた洗練されたデザインで際立っていたK70に熱心でした。 それにもかかわらず、その空気力学を考えると、車はまた批判を受けました。 また、製造コストが高いため、消費量が多く、購入価格も嘘ではないことがわかりました。 それでも、70つの1605 ccエンジンでデビューしたKXNUMXは、最初は優れた資格を示しました。 ホイールは独立して吊り下げられており、提供されているスペースとハンドリングは素晴らしかった。

1.8エンジンの改良と登場
VWは1972年に空気力学と冷却調整を行いました。 同時に、設備の緊縮は節約につながりました。 良いニュースは、Lバージョンがデュアルヘッドライトを搭載したことでした。 1973年、フォルクスワーゲンは全範囲を対象とした1.8リッターエンジンを発表しました。 その電源は100HPを供給し、フォルクスワーゲンは次のような望ましいトップバージョンも供給できました。 ソンデラウスガベ K70 LS 一方、K70には社内の競合他社がありました。 それらはアウディ80とフォルクスワーゲンパサートでした。 VWはK70を段階的に廃止することを決定し、1975年70月にザルツギッターに最後のK211.127を製造しました。そこでは、この美しく裏打ちされた車のXNUMX台が組立ラインから外れました。

オペルアスコナA、1970-1975

1970年XNUMX月、オペルはトリノでアスコナAを発表しました。 オペルは、カデット、アスコーナ、マンタ、レコルドを含む中産階級全体で非常に強かった。 オペルアスコーナ コーチとセダンとして利用可能。 Opelは、スタンダードバージョンとラグジュアリーバージョンの両方を提供しました。 オペルはまた、XNUMXドアのステーションワゴンを持ってきました。 豪華な「Voyage」のバリエーションは、側面に接着材の装飾が施されていました。 ステーションワゴンの標準モデルはキャラバンと呼ばれていました。

CIHエンジン、スプリットブレーキシステム
すべてのバージョンには、スポーティなチューニングされたサスペンションと独立したブレーキシステムがありました。 Opelは最初から1.6つの1.6エンジン(デュプレックスチェーン駆動CIH)をAsconaに供給していました。 それらは1.6と1,9Sでした。 後者は、後に導入されたXNUMXSエンジンと同様に、XNUMX速オートマチックトランスミッションと組み合わせて使用​​することもできました。 オートマチックトランスミッションを選択しなかった人は、すべての場合に手動のXNUMX速ギアボックスを手に入れました。

SRが来ています
1971年、SRバージョンには、よりスポーティなサスペンションと、1,6 hp(80 kW)の59リッターSエンジンが搭載されました。 1.9リッターSエンジンに90DIN-HPを搭載することも可能。 1972年1,2月、オペルは新しい最も安価なオプションとして60リッターOHVエンジンを発表しました。 パワーはXNUMXDIN-PKでした。 バルブの作動は、チェーン駆動のサイドカムシャフトを介して行われました。

最後に変更
1973年にオペルはアスコナAをわずかに改造し、1975年からこのタイプはオペルの厩舎からより微調整されたエンジンも手に入れました。 これらの調整(およびもう一度変更された1.9S)により、AsconaAはそのキャリアの終わりに追いやられました。 1975年700.000月、1900万部近くが生産された後、幕が下りました。 アメリカでは、オペルアスコナAはまだオペルXNUMXとして利用可能でした。最後に、ヴァルターロールは、彼のキャリアの中で最高のラリーカーによると、アスコナAでラリーの成功を収めました。

トヨタカローラE20、1970-1978

トヨタは1970年に発売 カローラの第XNUMX世代。 印象的できれいに仕上げられた車で、初期には世界のベストセラーになりました。 後輪駆動と新開発のカローラのシャーシは初代とは異なっていた。 たとえば、E20のフロントにはマクファーソンとスタビライザーがあり、E20はコーチとセダン(KE20 / TE21)、26ドアと28ドアのコンビ(KE25 / KE27)、クーペ(KEXNUMX / TEXNUMX)として登場しました。 )。 コードはエンジンに依存し、機器に応じて追加されます。 トヨタカローラの数世代は、日本市場向けの見た目がわずかに異なるスプリンターの基礎でした。 XNUMXドア、XNUMXドア、クーペのボディで注文できます。

市場に依存するエンジンの選択
E20の購入者は、(市場に応じて)1.2、1.4、および1.6リッターエンジンから選択できます。 多くの場合、機械の設置も可能でした。 トッパーは、右ハンドルのスプリンタートゥルーノとカローラレビンで、ツインキャブレターを備えた2TGツインカム1.588ccエンジンを搭載していました。 国内市場日本はエンジンとパワーのバリエーションが最も多く、その意味で輸出市場はそれほど幸運ではありませんでした。

さまざまな市場で後継者の隣で長期間利用可能
日米以外の市場では、3DIN-HPの1.2K58エンジンを搭載した第30世代のカローラが発売されました。 さまざまなボディスタイルと組み合わせることができます。 E20の登場により、エンジンとトランスミッションの面でも範囲が明確に縮小されました。 トヨタは、(米国ではなく)多くの輸出市場向けにカローラE20の生産を続けました。 オランダでは、忠実なE3の顧客は、わずかに調子が良く、よりクリーンな3KHエンジンを備えた1978ドアバージョンを選ぶことができました。 トヨタもXNUMX年XNUMX月までXNUMXKHエンジンを搭載したXNUMXドアバージョンを製造しましたが、日本ではバンが最後までプログラムに参加していました。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

 

記事が気に入ったらシェアしてください...

反応

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします