ルノー・フエゴ:マンタスとカプリスのルノーの競争相手

Auto Motor Klassiek » 歴史書 » ルノー・フエゴ:マンタスとカプリスのルノーの競争相手
そこでクラシックを買う

近くにある庭には、何年も悲しく忘れられていたものがありました。ルノーフエゴ(スペイン語で「火」)は、15時代のルノー17と1970クーペの代わりとして、コンパクトなファミリー/スポーツカーでした。 1980から1992にルノーによって作成されました。 ルノー・フエゴは、オペル・マンタとフォード・カプリのバイヤーをはぎ取るためのものでした。 そして、マンタスやカプリと同様に、ルノー・フエゴスは、バイヤーがエンジンの範囲で少し高いものを探して初めてスポーティーになりました。 たとえば、2リットルバージョンを選択した場合。 マンタやカプリのように、彼らは非常に広々とした5人乗りではありませんでした。 ルノー・フエゴは、そのセグメントで競争力のある価格設定を行っていました。 フエゴはフォードとオペルで非常によくやった。

世界中で販売

ルノーフエゴスはオーストラリアとニュージーランドに販売されました。 この車には、さまざまなエンジンブロックと、オートマチックトランスミッション、ターボ、ディーゼルバージョンなどの豪華なオプションが用意されていました。 風洞で設計された4席の最初の量産スポーツモデルでした。 ルノー・フエゴはアメリカでアメリカン・モーターズ・コーポレーション(AMC)によって販売され、また南アメリカのさまざまな国で組み立てられました。 ルノーは、合計で265.367ルノーフエゴが製造および販売されたと報告しています。フランスでの生産は2月1980から10月1985で、226.583ユニットの合計の85%を表しました。

ルックス

ルノー・フエゴは、アルパイン以外に、型指定ではなく名前を持つ唯一のルノーでした。 ルノーフエゴの外観はミシェルジャルダンによって設計され、インテリアはエトの従業員であるフランソワランプレイアによって設計されました。 ロバート・オプロン(以前は Citroën SM、 Citroën GSと Citroën 年に設計されたCX 70、さらに25のRenault 1984)。 フエゴクーペは、「オロンがルノーで生産した最高のデザイン」と叙情的に説明されています。それは美しいと思った人々がいました。 そして、ここ、角を曲がったところに、4年間庭で食べられました。 したがって、美しさは常に高く評価されていません。

R18のおかげで

ルノーフエゴは、ルノー18をベースにしており、フロアプレートとパワートレインを共有していますが、より大きなルノー20 / 30に基づいて開発されたフロントサスペンションの新しいデザインです。 この設計では、おなじみのルノー18のダブルウィッシュボーンの原理を維持しましたが、部品は同一ではありませんでした。 新しいサスペンションのデザインは、後にリニューアルされたルノー18に追加され、後にマイナーな改良を加えて、新しい大型のルノー25にも適用されます。 ステアリングも対処され、より高価なタイプには標準パワーステアリングHが搭載されていました。ヨーロッパでの生産はフランスの1985およびスペインの1986まで続きましたが、ルノーアルゼンチンは1982から1992で2,2の生産終了までルノーフエゴを生産しました「GTA Max」(1990で導入された最後のフェーズIIIの改築)。

ここオランダでは、ルノーフエゴスはセールスマンではありませんでした

ここで別の1つ、ステンレスコピーを見つけた場合、それはかなりヒットです。 フランスでは、まだかなりの数のルノーフエゴスが販売されています。 そして、フランスに行くためのより良い言い訳が必要ですか?

また、Arkelで販売されている写真モデルを見ました。 良いルノーフエゴスの価格を尋ねると、3.500前後になります。 そして、要件があるかもしれません。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

ルノーフエゴ

 

記事が気に入ったらシェアしてください...

9反応

  1. Renault fuego war der Porsche des kleinen Mannes den wenn auch von Renault war hatte eine Eleganz die heute kein Auto hat und auch von seiner form Leader gibt es sehr wenige udn auch damals was sie ehrer selten but weiss nicht ob ich einen noch de sie auf der Autobahn mit im Unterwegs sind ist das ein Auto das eine Geschichte hat schauen wir mal den heutigen Market an es was ever endlicher but bei diesen weiss man Sport und normal zu fahrenbutleaderschätzdasheutkeinermehrjedesälteresAuto 。

  2. OK、バージョン:
    TLおよびGTL:1ccエンジン(1397pk)の両方でフェーズ65
    GTSおよび自動変速機:1647ccエンジン(96pk)
    TXおよびGTX:1995 cc(110pk)
    ターボディーゼル:2065 cc(78pk)

    1983の終わり:フェーズII
    新しいフロント、改良されたホイールサスペンション、新しいダッシュボードと室内装飾品
    TL同じ1397 cc
    GTL 1647 cc(73,5 pk)
    GTS 1647 cc(96 pk)
    GTX 1995 cc(110 pk)オプションの自動変速機
    ターボディーゼル2065 cc(78pk)
    ターボ1565 cc(132 pk)

    • ターボディーゼルは88馬力です! 50〜65 hpの出力が(大型の)ディーゼル車ではごく普通だった時代には、かなりの量でした。 メルセデス200d:55hp、ルノー25ディーゼル:65hp。

  3. 素晴らしい車!
    そして確かに:美しさ。

    ディーゼルはターボディーゼルであり、当時(1983)は世界最速のディーゼルでした!

    改築( '83の終わり)からの非常に快適な車は、腐食からよりよく保護され、より良い、より厳しい道路処理を行います。

    前線はエスパスIにも適用されました。

    Fuego:リモコン付きの中央ロック付きの最初の車。 1981:その後も赤外線。 それを開発したルノーのエンジニアにちなんで「Plip」と名付けられました。

    1.6pkを備えた73,5 GTLには、理論上、245 km / hの最高速度を持つ5番目のギアがあります。 小冊子によると、上部は163 km / hです。 私はかつて、わずかに下降するオートルートの長い区間で、実際に多くの200 km / hを運転しました。

    したがって、GTLにはそれほどパワーはありませんが、経済的です:平均して1:17。

  4. フエゴの歴史の素敵な作品。 私が見落としているのは、タイプ指定(TLからGTXまで)とさまざまなエンジンです。 私はまだFuego Phase IIを持っています。 当時1983(KH-65-LL).GRで新しく購入されました。 コルヴァンレーネン

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします