オリオン II タイプ L 206 DG 1974 年製! まさに部外者。

Auto Motor Klassiek » 物品 » オリオン II タイプ L 206 DG 1974 年製! まさに部外者。
そこでクラシックを買う

タイプ指定を見ればすぐにわかりますが、これは部外者です。 正式にはメルセデスですが、メルセデスの納車プログラムではオリオンという名前は実際にはわかりません。 したがって、この車がどこから来たのかすぐに疑問に思います。 はっきりさせておきますが、これはドイツの高級ブランドの高級セダンでも、トラックでもなく、キャンピングカーです。 それでも、この車両は人気テレビ番組「Man Bijt Hond」で毎週取り上げられたため、大きな名声を享受しています。

206 年製のこの珍しいメルセデス オリオン L 1974 DG キャンピングカーはドイツから持ち込まれたもので、技術的には完全に整っていて、かつて人気テレビ番組で使用されたこともあります。 ドイツの Orion 社は、当初、メルセデス ハノマグとフォルクスワーゲンのシャーシを基にしてこのキャンピングカーを製造しました。 そして、心配しないでください、それはもともとキャンピングカーではなく、水陸両用車でした。

スウィフターバントのオーナー、バス・クライセン氏:「このオリオンはオランダのテレビ番組で知られ、その後ベルギーに輸出され、現在はオランダに戻っています。 それはXNUMX年間静止していました。 車は適切に駆動し、ブレーキをかけ、シフトします。 家具はオリジナルのままです。 インテリアには少し注意が必要です。 この車両は以前、テレビ番組「Man bijt hond」のロゴにちなんだ黒色のラッピングが施されていた。 もちろん、販売時には広告を削除する必要がありました。 これで、再びきれいなグレー色になり、実際にはプライマーが塗られています。 かつての栄光を取り戻したり、フードトラックに変えたりできるユニークなキャンピングカーです。 どのような目的でそれを行うかはまだ分かりません。」

示されているオリオンは 1974 年に作られたものですが、オリオンの最初のプロトタイプは 1969 年にはすでに作成されていました。 車体はマタド シャーシ タイプ F20 に搭載され、50 馬力のパーキンス ディーゼル エンジンが搭載されました。 長さは1974メートルでした。 前部はもはや船の形ではなく、帆走用のプロペラもありませんでした。 この最初のモデルは XNUMX 年までシリーズで製造されました。 

デザインはSuleica G500に非常に似ていました。 そして、オリオンタイプL206と同じように、後部に長テーブルが置かれた座席エリアがあり、それを囲むように円形に座席が配置されていました。 中央には大きなトイレ/ランドリールームと冷蔵庫付きの簡易キッチンがあります。 さらに、Truma ヒーターと熱風換気システムを備えたワードローブもあります。 家具はチェリーの装飾が施されたチップボードで作られています。 車両の運転席側には、より多くの就寝場所を作る可能性がありました。 顧客は王様であり、レイアウトに関しては、実際にすべてが顧客の希望どおりに可能でした。 したがって、ほとんどすべてのオリオンは独自のユニークなレイアウトを持っています。 床の収納スペース(内側からアクセス可能)も可能でした。

Bas Klaaijsenのキャンピングカーはフロントが変更されました。 これは、1974 年以降、Hanomag/Henschel 社のシャシーが切り替えられたときに起こりました。 その後、ヘッドライトは長方形になり、フロントはハノマグ・ギャランに似ています。 しかし、VW リアライトの使用により、VW バスとのリンクは Orion L 206 DG (I) に残されました。 その結果、好奇心旺盛な人は、これが隠れたメルセデスなのか、それとも拡張された VW なのか疑問に思うことがあります。

ガソリンエンジンはオースティン製の A60 型、1536 cc、54 馬力、または A70 の 1800 cc、70 馬力でした。 ディーゼルはメルセデス製で、200/220馬力のタイプ55/60でした。 キャンピングカーは前輪駆動のため、回転半径が非常に大きかった。 ハノマグ・ヘンシェルがメルセデスに引き継がれた後、メルセデスはL206/306 DGディーゼルタイプとL207ガソリンのシャシーを供給した。 

オリオン座はどこから来たのですか? 1968年、イングによって設立された会社。 博士。 フライゼが設計したセーリングキャンピングカー「オリオン」。 Suleica G26 の改良構造が、フォルクスワーゲン バン「タイプ 500」の改良シャーシに搭載されました。 テンポ・マタドールの丸いヘッドライトとボート型のボトムにより、新しいフロントが作成されました。 後部には恒久的に取り付けられたプロペラがありました。 しかし、この船や乗り物に関しては、ハワード・ヒューズの巨大な木製飛行機「スプルース・グース」と全く同じでした。 かつてプレゼンテーションのために港を航行しましたが、その後忘れ去られました。 ただし、このプロトタイプは依然として VW ベースで存在します。 ボートの推進力がなくても、道路上で見ることができます。

それからスライカという言葉。 また別の話ですが、それは1958/59年に始まりました。 その後、デトモルト(D)の会社「Kunststofftechnik Ferdinand Schäfer」は、GRP の軽量キャラバンを製造することを決定しました。 ガラス繊維強化プラスチックを使用して物体を構築する経験は 4,30 年以上ありました。 全長560m、体重約800kg、許容総重量430kgという注目のキャラバンが白紙に描かれた。 モデル名はFXNUMXでした。 いや、フェラーリとは関係ないですよ。

このモデルは、丸みを帯びたほぼ女性的な形が特徴的です。 隅には凸面の窓があり、底部には厚さ14cmの中空で断熱性の高い床がありました。 つまり、デザイン全体が何年も使用できるキャラバン/キャンピングカーを約束していました。 そのデザインは国内外で特許を取得したほど強力でした。 最初のプレゼンテーションは 1962 年で、その後モデルは 1968 年までシリーズで製造されました。ドイツの主要雑誌「Auto-Motor-und-Sport」でのプレゼンテーションを考慮して、「スーパーライヒトキャラバン」という名前が導入されました。著名なジャーナリスト、フリッツ・B・ブッシュ。 これを略して「SULEICA」と呼ばれるようになりました。 常に生き残っている名前。 それはほとんど愛称になりました。

1972 年と 1974 年にシェーファー社で発生した 1974 件の火災により、重大な損害が発生しました。 スレイカとオリオンの金型はひどく損傷しました。 コスト削減のため、Suleica の生産はハンガリーに移されました。 それにもかかわらず、Orion II モデルの生産は 1975 年に開始されました。 この AMK ページに描かれ、Bas Klaaijsen が所有するモデルは、前モデルよりも長方形でした。 それが当時のファッションでした。 しかし、この車両には特徴的な凸状のコーナーウィンドウはなく、より大きなサイドウィンドウとはるかに大きなリアウィンドウが装備されていました。 特別な屋根も残されました。 そして 500 年後の XNUMX 年に、短縮モデルの Orion XNUMX が市場に登場しました。

1978 年後の 5 年に、Orion III が登場しました。 メルセデスでのシャシーの生産は中止された。 それが、新しい Orion III モデルを導入する理由でした。 オリオンIIIは、新型メルセデスの形状が認識できるフロントを備えていた。 このレポートによると、インテリアはオリオン II と非常によく似たままでした。 しかし、運転手が着席する前部コンパートメントには、最新の回転シートが登場しました。 そしてもちろん、XNUMX 気筒エンジンやオートマチック ギアボックスまで、利用可能なすべてのエンジン バリエーションから選択できました。 

しかし、1978 年以降も事態は容易になりませんでした。 車両製造における規制がますます厳しくなり、当然のことながら生産コストが高くなったため、これらの美しい車両の生産を長期的に継続することが不可能になりました。 800 台の車両を手作業で組み立てるのに、約 100.000,00 時間のワークショップ時間がかかりました。 もちろん職人技ですが、そのため最後のオリオンは非常に高価になりました。 フル装備の Orion III の価格は XNUMX マルク以上です。

さらに、製造元のシェーファー社は、火災による損失の結果、会社を手放さなければなりませんでした。 BMW のガレージによって会社を救おうとする別の試みがありました。デトモルトのデッピング会社です。 彼らは、TFG (Teutoburger Fahrzeugwerke und Gerätebau GmbH) という名前で短期間経営を引き継ぎましたが、それもさまざまな理由で役に立ちませんでした。 それは物語の終わりでした。 最後のオリオンであるタイプ II 500 は、1987 年に Teutoburger Fahrzeugwerken 1987 によって製造されました。 オフィス車両であると同時にキャンピングカーとしても設計されました。 この最後の行動の後、工場のドアが閉まりました。 キャンピングカー界にとっては残念な損失であり、偉大なブランドの不名誉な終焉だ。

メルセデス・ベンツ オリオン タイプ L 206 DG が道路網上で特別な存在であることは誰の目にも明らかです。 部外者ですよ。 しかし、Bas Klaaijsen の Orion II には特別なものがあります。 彼はテレビシリーズ「Man Bijt Hond」で役割を果たしました。 2015年、「Man Bijt Hond」は2019年ぶりに公共放送での放送が中止された。 視聴者数は減少を続け、「普通の人々」についての象徴的な番組は終了した。 しかし、6 年の夏以降、このプログラムは再びスクリーンに登場し、成功を収めています。 各地のSBSXNUMXで。 視聴者数が良好である理由は次のとおりです。 それはあなたと私についてのテレビ番組です。 その方式は時代を超越しており、このチャンネルによく合っています。」 プレゼンターなしで、オランダの有名人の代わりに一般人を起用して、小さなニュースを大きくする。 そしてオランダで最も有名なキャンピングカーが特別脇役で登場! それが『Man Bites Dog』を説明するのに最適な方法だ。

記事の感謝: 多くの詳細について Stefan Kock (CAD コンストラクター AD および Orion 600 タイプの所有者)、オランダ語への翻訳について Arjen Monsees、および車両の利用可能化について Bas Klaaijsen (Kitcar Collection の所有者)。 文と写真:ピーター・ベイダー。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
本物のアウトサイダー: 206 年の Orion II Type L 1974 DG!
記事が気に入ったらシェアしてください...

反応

  1. ヴィンテージキャンピングカー愛好家として、これらは特に見た目が魅力的で、実用的な装備が施されているので、本当に感謝しています。 両生類の過去については知りませんでした。私自身も知りたいと思っています。 素敵で有益な記事。

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします