ランチアとそのV6エンジン

Auto Motor Klassiek » 特別な » ランチアとそのV6エンジン
古典買取あり(コピー)
古き良き時代にはすでに V8 エンジンや V4 エンジンがありましたが、1950 年にランチアが初めて V6 エンジンを量産車に搭載しました。 ランチア・アウレリア。

1754 cm3 エンジンは、伝説的なデザイナー、ヴィットリオ ヤーノの作品です。 いわゆるヘミシリンダーヘッドと貧弱なキャブレターを備えたこの物体は、それでも56馬力を路面に伝えました。 そしてその美しい音は…

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします