株とコレクションがどうなったか..

Auto Motor Klassiek » 物品 » 株とコレクションがどうなったか..
古典買取あり(コピー)
ダイムラーV12
不正のオアシスの中で一人で憂鬱です

XNUMX年のドラマ。 地方自治体の腐敗、大企業の利益、そして舞台裏で多額のお金を持っている男性の利益。 ゾーニングを、柔らかなリブ紙に印刷されているかのように扱います。 狂気と脅迫の試み...彼の権利を擁護する市民を狂気と宣言させるためにポーンとして使用される市当局者...「狂気」のように。

それはkommersjeleチャンネルからの安い石鹸ではありません。 オランダではそんなことが起こらないことに満足してため息をつくことはできません。 それが起こるからです。 エールベークでは、例えばブルンメンの自治体。 プロトコルがKafkaによると判明した場所..。

そしてそれが、ハンス・トゥニッセンの取引株が私たちが夢見る車のコレクションに変わった理由です。

AutoMotorKlassiek ニュースマガジンではありません。 したがって、ブルメンの自治体と地元のダラスの事業の状況については、オランダの管理者に頼るべきではないという確固たる信念でもう一度確認することができます。

しかし、ハンス・トゥニッセンの車に戻ります! すぐに! に AutoMotorKlassiek ニューススタンドで。 またはさらに良いことに、サブスクライバーになります!

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

 

記事が気に入ったらシェアしてください...

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします