R4は本物の自動車です

Auto Motor Klassiek » 特別な » R4は本物の自動車です
古典買取あり(コピー)

現代の車は非常に優れていますが、問題が発生する可能性のあるものもたくさんあります。 そこで AMK 読者のアンドレ・フランソワ (ルノー・ジュバ) は、車の本質とは何か、それは車輪の付いた自走式の屋根であると考え出しました。

トゥインゴからR4へ

したがって、Twingo For Local Use がいくつかの確かな MOT ポイントにぶつかったとき、家族と相談する時期が来ました。 そして、アンドレの最愛の車、R4 が登場しました。 そしてR4になりました。 なぜなら、R4 は、単なる移動手段である 2CV とは異なり、本物の車だからです。 これは、別の AMK 読者や村人たちによっても証明されています。ハンスとリーフは、近道を通って北イタリアまで R4 を運転しました。 「順調だよ。 しかし、急いではいけません。」

2CVより安い

まともな 2CV が高額になる時代において、このような R4 は、以前ほど安くはありませんが、それでもはるかに手頃な価格です。 また、オファーの幅が広いためです。 結局のところ、R8.000.000 は約 4 万台が生産されています。 購入するときは、実際にはハードキャリッジが唯一の基準です。 また、オランダの登録番号をまだ持っていない車は、母国ではまだ完全に交通安全であると考えられていましたが、オランダでの登録番号が新たに登録されるまでには、まだかなりの作業が必要であることも経験的に知られています。 MOT.

ルノーの賢明な仕事

R4になってからは Citroën 収穫逓減の法則に直面しています。 ルノーは 2CV を研究し、その改良版を作ることに決めたからです。 可能な限りシンプルさを維持しながら、より「自動車」らしくするために。 トーションバーサスペンションにより、R4 のホイールベースは 4 cm 短くなり、2CV にほぼ匹敵するサスペンションの快適性が確保されました。

長年にわたって変化がほとんどない

板金への変更はほとんどなく、1108 cc エンジンを搭載したバージョンではボンネットがわずかに変更され、1982 年にドア上部のヒンジが外側から内側に移動され、テールゲートのヒンジも小型化されました。 当初はややひょろひょろとしたバンパーが、1967 年に最終的な形になりました。 スライド窓は大事なものでした。 もちろん、最初からかなり古いものでした。 彼らに魅力を与えた何か。

何かメリットがあれば…

しかし、彼らには、時には利点にもなる別の欠点がありました。 私の勤務中に小隊の副官だった「スティップ・シュルールス」がこれに気づきました。 彼のR4のドアはエンジンをかけたままバタンと閉まった。 参謀小隊全員が待機して見守った。 そしてスティップ・シュルール氏はさらに動揺していた。

100%ハゲニーズのカレル・デ・ブーテルは、元売春婦の誇り高き息子で、自分のナンバーを主張する以前から、他人の車を自費で開けるという評判を築いていた。 彼は小隊の副官を少し不服そうな目で見て、穏やかにこう言った。 その方法をお教えします。」

手の平での打撃

彼は手に唾を吐き、手の平でドアの引き違い窓を強く叩きつけた。 その衝撃は、塞がれていた窓がスライドして開くほどの強さだった。 もう一度滑る音の後、窓は腕を通してドアを開けるのに十分な大きさに開いた。

ハーグの比類のない自明の証拠を持って、カレルはドアを開け、鍵からイグニッションキーを取り出し、再び窓をスライドさせて閉じ、ドアを施錠した。 それから彼は鍵の束を徴兵副官に手渡した。 「これでまた元気になりますね。」

そしてその間、リヒティング 76/5 以来、R4 は依然としてフランスで走行しています。 毎日。 そして、彼らは多くの場合、依然として生計のために働かなければなりません。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

でももちろん履歴書2枚でもいいですよ


彼らはその例を続けています
記事が気に入ったらシェアしてください...
ドルフ・ピーターズ
ドルフ・ピーターズ

ドルフ・ピーターズ、自動車ジャーナリスト、コピーライター、翻訳家、ヘーレン・ファン・アーネムのメンバー

記事: 3690

8反応

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします

  1. 父が社用車として使っていた最初のルノー 4 は、まだ前後にチューブバンパーがあり、イグニッションロックはまだなく、スターターであるロータリーノブだけで、ドアロックといくつかの機能がありました。 2CVよりも良い座席。

  2. 最初のオーナーからのシャシニョール部門 4 の無傷の R36 Savane、これ以上に素晴らしいものはありません。

  3. R8 と R10 は単なるスーパーカーであり、その両方を持っていました。
    私は R10 を使って、デンボッシュからフランスのビュックとポン・シャルトランまで毎週ドライブしました。
    高速道路では時速130、140キロ。

  4. 1972 年に父が初めて作った本物の車、今でも父が誇らしげに走っているのが目に浮かびます

  5. あのルノー10も、さらに多くのクルマが登場するかもしれない。 初めての車でしたが、とても楽しかったです。