ルノー4 GTL(1985)。 Klaas Piekstraの装飾モデル

Auto Motor Klassiek » 物品 » ルノー4 GTL(1985)。 Klaas Piekstraの装飾モデル
古典買取あり(コピー)

フリースラント州フルデガリプにある彼の園芸センターでは、このルノー 4 GTL が、色とりどりで強い香りを放つ花や植物の間に立っています。 匂いがしないのは、こっそりと動き出した貪欲な錆です。 錆びた悪魔は閉じられた縦隊のルノーを食べに来た。 土から始まり、現在は板金で活躍しています。 

作成者:Dirk de Jong

Klaas Piekstra は、友人から入手できる、装飾として使用できる古典的なものをいくつか持っています。 古典的な 2 CV バンがまだあり、自宅のガレージにはまだ 2 CV が走行状態にあります。 「魅力」のバリエーションについて話します。

好み

なぜ、錆びとの戦いに負けて逃げられなかったクラシックカーが好まれるのでしょうか? それは本当の集客だからです。 それは彼にとって顧客と会話を始める機会です。 古い車の魅力は、どんな状態であっても常に人を惹きつけます。 そして、その植物界の宣伝手段として非常に適しています。

ルノー 4 GTL の放浪記

顧客がルノー 4 GTL を撮影した後、ルノーのサイトに掲載されました。 最初の所有者はその写真を見つけてクラースさんに連絡し、それが母親の最初の車だったと伝えた。 数年後、車は売却され、モロッコに消えてしまいました。 その後、彼は色を変えて戻ってきました。 濃い青が水色に変わっていました。 オランダでは、新しいオーナーが車をレストアしようとしたが、すぐに勇気を失った。 車の状態は実に悲惨なものだったが、それゆえにフーゴベン夫妻には適していた。 最後に、ルノーは再び浮上し、園芸用品センターの装飾モデルとしての新しい装飾任務に備えて装備されました。 フランス人 XNUMX 人組にとってはビジネスに最適な場所です。 ルノーにはこれ以上のパワーとパフォーマンスはありません。 しかし現在、彼はフルデガリープの園芸センター、フローラフックにある名誉ある場所で、花や植物の美しさを披露しています。

読むのも面白い:
家族の友人としてのルノー4 TL
ルノー 4 を運転する。あなたの顔に笑顔を
ルノーの世界不思議:ルノーエスパス1(1984-1991)
ルノーR5。 グローバリゼーション前から
ルノー12 TS。 カート・ブームガードが21年間所有

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

ルノー4 GTL(1985)
ルノー4 GTL(1985)
記事が気に入ったらシェアしてください...

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします