1977 トヨタ カローラ デラックス – マルコの完璧な日本語。

Auto Motor Klassiek » カジュアルミーティング » 1977 トヨタ カローラ デラックス – マルコの完璧な日本語。
そこでクラシックを買う

父マルコと息子シルが、日出ずる国から来た美しいトヨタ カローラ デラックスへの情熱を分かち合う物語。 70 年代、ヨーロッパの競争が本格的に目覚めました。 日本軍の侵略により、少しだけ追加された、楽しくて信頼性の高い車が市場に投入されました。 

トヨタ カローラはその良い例です。美しく仕上げられ、信頼できる技術があり、快適で、魅力的な価格です。 日本の技術は論理的に構成されており、車はメンテナンスが容易で、人々はあらゆるものに簡単にアクセスできました。 

これは、幅広いモデルで短期間にヨーロッパ全土で成功を収めることができたトヨタにとって素晴らしい成果でした。 日本は、多くの車を生産するだけでなく、高品質の車を作るために長く熱心に働いてきたことで知られています。

トヨタ カローラ 82-RX-27の救出

適切なメンテナンスがこの美しいカローラの救いでした。 トヨタ カローラ デラックスは、最初の数年間は普通に使用されていました。 マルコはまだ 46 人目のオーナーですが、この XNUMX 歳の日本人の歴史について自分の言葉で語ります。

クロームバンパーの時代

マルコ:「子供の頃、私は「クロームバンパーの時代」に生まれました。 車が可能な限り錆びることをスポーツにしているように見えた時代。 80 年代に私は自動車整備士およびセールスマンとしてキャリアをスタートしました。 トヨタ車にはほとんど何の問題もないことがすぐにわかりました。 それから私のトヨタへの愛が生まれました。 

数年前、あの時代の車が欲しいという欲求が再び高まり始めました。 それは 30 年式のトヨタ カローラ (KE1977) で、80 年代後半まで使用され、その後アルクマールのトヨタ専門家に預けられました。」

マルコのトヨタ カローラの改造

「専門家はトヨタに新たな命を吹き込み、2018年までコレクションに大切に保管していました。息子のシルと一緒に、私たちはトヨタ カローラにアロイホイールのセット、ビルシュタインスポーツダンパーを備えたよりタイトなシャシー、ワイルドキャットエキゾーストを取り付けました。」流れを良くするステンレススチール製エキゾーストと頑丈なナルディスポーツステアリングホイールを備えたマニホールド。 

私たちは一緒に車をよりパーソナルなものにしたと言えるでしょう(もちろん、オリジナルの部品は慎重に保存されています)。」 父親のように、息子のように、一緒に楽しい乗り物に乗ったり、地域のクラシックカーイベントに出かけたりするのは素晴らしい趣味です。

お楽しみプラン

この状態のトヨタ カローラに出会うことはもうほとんどありません。 美しい演奏は、それが良い手に渡ったことを示しています。 父マルコと息子シルの「褒め言葉アーカイブ」が詰まったとても楽しいクルマです。

特に、地域の楽しいイベントを体験し、それを伝えてお互いに貢献し合うことで、他の愛好家とカジュアルな方法で交流することができます。 車が保存されているという事実に対する賞賛の気持ちがあるのは明らかです。 トヨタ カローラとの絆は今では非常に強いので、家族の中に長く残り続けるでしょう。実際、決して離れることはありません。

歴史が再び蘇る

購読すれば、金銭的な意味ではなく、喜びとしてその豊かさを体験することもできます。 Auto Motor Klassiek。 そして経済的に言えば、定期購入は店舗で個別に購入するよりもはるかに安く、毎月忠実に自宅に届けられるという保証が得られます。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

14反応

  1. 労働者階級にとってはちょっとしたミニ・アメリカンだった。 そのため、たとえば、技術的にはリーフスプリングを備えた剛性リアアクスルが装備されていますが、時計、モノラルFMオーディオのインストール、ヘッドレストが標準装備されています。
    プラスの点はモーターと電気の信頼性であり、それはうまくいきました。 以下: 当時の日本人は、最高のものと同様に錆びていたため (特にダットサン)、長くは生きられませんでした。 彼らはそれを目に見えずに行いました。 ヨーロッパ人の場合は穴が見えたが、日本人の場合は主にサポート部分に穴があった。 誰も錆びることを気にしませんでした。それを捨てて、私道に最新の派手な改装を施し、わずかなお金で新しいものを手に入れました。
    結局のところ、日本のブランドが市場での地位を獲得し、韓国人がその手法を真似し、最近では中国人も同じことを始めている。

    そう考えると、展示会や会合などにも日本車が登場し、当時の街並みを彩っていたのは嬉しいことだ。 ぜひお持ちの方は、心と魂を込めて楽しんでください。 日本の製品は文化遺産でもあり、他の人に楽しんでもらう価値があります。

  2. 1976年製のカローラクーペを売った事を今でも後悔しています。 私は今でも最初のトヨタを夢見ています。 同じブランドを 47 年間乗り続けているのに、お金を出せば別のブランドを買うでしょう。

  3. 私は同じようなトヨタ・カローラで最初の運転レッスンを受けました。 身長 2 メートル、靴のサイズ 47 の私の場合、これは簡単な仕事ではありませんでした。気分は樽の中のニシンでした。

  4. 38-HZ-09、それは私が30年1976月に新車で買ったオレンジメタリックのカローラ14でした。 悪い買い物でした。30 か月後に最初の塗装がドアから落ち、その後の数年間はヘッドライトをガーゼとパテで保護しなければなりませんでした。そうしないと落ちてしまいます。 暑い気候でテールライトのシールが溶けたため、トランクには常に水が溜まっていました。 このひどい錆は、下塗り層を使用せずに金属塗装を地金に直接スプレーしたためであることが判明しました。 他の車でこれほど多くの錆を経験したことはありません。 義父のカローラ6ハードトップが大丈夫だったので、月曜日の午前中と金曜日の午後の車だったそうです。 2年後に処分しましたが、XNUMX年後には取り壊しになりました。 私にとって最初で最後のトヨタ車でした。

  5. これは本当に過去の思い出です。 この同色のカローラは、私が初めてヘッドガスケットを交換した車でした。 私は14歳でした。 土曜日の午後に緊急手術。 土曜日のホットライド。 それで自分でやりました…。 日曜日の朝の点検(とても必要でした!) その後故障することはなかったので、どうやら私はうまく仕事をしたようです。 隣の少年は月曜日に徴兵の場所に行かなければならず、何ヶ月もセードルフと行ったり来たりしなければならなかった。 あのカローラはまともな車だったと記憶しています。 まだ匂いが鼻に残っています。

  6. クールなカローラ。調整により楽しくなり、JDM のイメージにぴったりです。 HI-Ambacht の古い隣人が 1978 年に新しい車を購入し、90 年代初頭にまだ走り回っているのを見ました。

  7. 90年代に中古のトヨタカローラディーゼル1700ccを持っていました
    壊れないこと、行われないこと
    オイル交換は時間通りに行いました。オイルフィルターとエアフィルターは何年も快適でした。時速90キロでフランスの南へXNUMXメートルのキャラバンを行っても、私のクマはびくともしませんでした🤗
    今のトヨタは🤔もう良くない、XNUMX年後には去らなければならない
    でもそれは複数の自動車ブランドの場合で、寿命が長すぎます 😥😉

  8. 美しい色のトヨタ。
    もう一度言いますが、これは大きすぎる醜いホイールで誤ってマスタリングされているのが少し残念です。
    ホイールカバー付きのオリジナルホイールがこのモデルによく合います。

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします