高齢者エントリーのコンセプトカー:ルノー・ガッビアーノ

Auto Motor Klassiek » 物品 » 高齢者エントリーのコンセプトカー:ルノー・ガッビアーノ
古典買取あり(コピー)

80 年代初頭、ルノーは設計業務のアウトソーシングを開始しました。 その背後には国営企業の哲学全体があった。 しかし、もちろん、すべてはまたお金のためでした。 常駐のデザイナーの給与は高額です。

ガッビアーノは 1983 年のジュネーブ フェアで発表されました。 このテクノロジーは単純に、キャブレター付き 1400 気筒の 11 70 TSE のものでした。 このブロックは、XNUMX 速ギアボックスに約 XNUMX 馬力を供給しました。 もちろん「ガッビアーノ」とはイタリア語で「カモメ」を意味します

インテリアは「多ければ多いほど良い」というモットーのもと、より未来的なものになっていました。 車は完全に機能していたはずです。 しかし、残ったのは一羽のカモメだけだった。 ことわざによれば、まだ春は来ていない…それともツバメだったのでしょうか?

しかし、R5 にはカモメの遺伝子がどこかに見られます。 素敵な車でもあります。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします