ローバー 827Si

Auto Motor Klassiek » 物品 » ローバー 827Si
そこでクラシックを買う

amklassiek.nl の編集者として、私は 827 年前に私の心臓を高鳴らせた特別なクラシックカー、ローバー XNUMXSi について再び書きました。この車は品格とパフォーマンスを真に体現したものであり、さらに数年間公道での経験を積んだ今、再び脚光を浴びるに値します。

期待と第一印象

827 年経った今でも、800 R17 シリーズのローバー 2.7Si は印象的な外観を保っています。当時私の注目を集めたモデルは、魅惑的なナイトファイアレッドの外装色にクリームレザーの内装をしており、今でもこれ以上の組み合わせはありません。この車は高品質の仕様を備えており、伝説的な 6 V4 ホンダ エンジンを搭載し、S51.000 モード付き XNUMX 速オートマチック トランスミッションが装備されていました。オーストリア製のこの特別なローバーの走行距離はわずか XNUMX キロメートルでした。数値はわずかに増加しただけで、車は驚くほど良好な状態を保っています。

90年代のダイナミックなデザイン

R17 フェイスリフト後、ローバー 827Si はよりダイナミックな外観となり、より魅力的な曲線を備えた 800 年代の美的基準に適合しました。このデザインは、公道ではめったに見られない XNUMX シリーズの独占性を強調し、高級車セグメントの確立された秩序に対する素晴らしい代替品を提供します。

無限のドライビングダイナミクス

Rover 827Si のドライビングダイナミクスは、依然として比類のないものです。シャーシは究極の快適性を提供し、オートマチック トランスミッションは滑らかにシフトし、S4 ボタンを使用したスポーツ モードはドライビング エクスペリエンスにさらなる次元をもたらします。この車は、ロードホールディングからステアリングに至るまで、ほぼすべての機能を見事に実行し、ステアリングホイールを軽く押すだけでスムーズに曲がることができます。

礼儀正しいしなやかさ

Honda V6 エンジンは重量配分に貢献し、オートマチックトランスミッションとの完璧な調和により、礼儀正しい滑らかさを実現します。 Rover 827Si の操作はシンプルかつ直感的で、運転が本当に楽しくなります。

有益な特性

Rover 827Si の運転は、車のテクノロジーと快適性により、アクセル ペダルを踏まなくても楽しむことができるため、楽な体験です。この車はリラックスしたドライブを誘い、フリジアの風景を巡る長距離旅行やアルプスへの旅行にも最適です。

技術的に完璧

最初の出会いから 827 年が経過しましたが、ローバー XNUMXSi は技術的に完璧なままであり、よく知られたフェイスリフト後の品質と、古いモデルが時折示していた電気的問題と比較して改善されています。注意すべき点は依然として電動ウィンドウ制御であり、時々動作が不安定になる可能性があります。

ビジネスドライバーにとって魅力的

Rover 827Si は、その丸みを帯びた形状により、美的にも経済的にも依然として魅力的です。パフォーマンス、快適性、税金上のメリットの組み合わせを求める人にとって、優れた選択肢となります。

ローバー 827Si は依然として素晴らしい状態にあり、走行距離計は数キロメートルです。日本の恐るべき技術をスタイリッシュな英国デザインに包み込み、純粋な高級感を体現したクルマです。これを推進できるのは単なる特権ではありません。それは純粋な愛好家なら誰でも大切にすべき経験です。

写真:バート・スパイカー

ローバー 827si
800 フェイスリフト シリーズの船尾には、より丸みを帯びたアクセントが加えられました。私たちに関する限り非常に成功しました
ローバー 827si
コックピットは絶対に離れたくない場所
ローバー 827si
ホンダの C27A V6 エンジンは美しいテクノロジーです
ローバー 827si
ローバー 800 は 1986 年に美しいサルーンとしてデビューしました。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

4反応

  1. ボディワークがわずかに変更されたホンダ レジェンドを想像してください。そして、彼らはドライブシャフトを食べました(少なくとも、ある程度頑丈なドライバーは、ある程度の規則性を持ってドライブシャフトを交換することができました)。しかし、それ以外は素晴らしい車です。

    「リバッジ」が発明されたと思う
    英語によって。いずれにせよ、彼らはずっと以前からそれをやっていたのです。 Triumph アクレイム、別名ホンダ シビック セダン。後者は奇妙でした。ホンダはそのシビックをセダンとしては決して製造しませんでした…

    • これらのドライブシャフトは確かにホンダのものでした。
      ちなみに、1308 のダブルウェーバー セットと同じように、Acclaim のキャブ セットもまだ小屋のどこかにあります...

  2. 私も同じものを持っていましたが、外側の色が黒でした。 10年以上乾燥した場所に放置されていました。走行距離は325000kmだと思っていましたが、エンジンは全く問題なく動き、オイルの消費もありませんでした。エンジンにはダブルインテークがあり、ガスを深く押したときにのみ第6ステージが開き、V30から心地よいうなり音が聞こえます。 Impec LPG 設備が装備されていました。パワーが少ないと感じましたが、もちろんLPGは運転コストが安くなります。快適性の点では、この車は並外れた車で、居心地がよく (!)、路上での安定性も非常に高いです...ただし、(あまりにも) 柔軟なサスペンションと適度な傾斜を備えています。年月が経つと、内部の物は自然に変形し始めます。 (プラスチックのカバー) 走行距離を考慮すると、ベルギーでは(しばらくは)ほとんど価値がありません。また、道路税が高いためです。幸運にも実家に保管できているので、「すぐに」オールドタイマー(4年前)になり、また使えるようになるでしょうし、壊れたものは修理しなければならないこともあります。停止状態。私はブランドとしてのローバー P5、P6B クーペ、P1 (アルミニウム グリルを備えた美しい最初のバージョン)、そしてもちろん SD8 VXNUMX に常に注目していました。でも、ここでは日本の技術と英国(?)のインテリアの組み合わせは悪くなく、あまり「ローバー」ではありませんが、ホンダは私のお気に入りでもあるので、良い結婚だと思います!

  3. それはバッジエンジニアリングの偉業であり、ホンダレジェンドでした。
    ある時点で、これらのホンダは日本ではなく英国で製造されていました。
    それは品質の劣化でわかります。*
    フロントウィンドウも緩んでいます。
    ローバーはSD1を絞り出した後、新しいモデルが必要になり、ホンダを使い始めた。
    これは214、ホンダコンセルトにも当てはまりました…

    そのため、中古車を購入する前に、まず車台番号を確認しました。
    それは日本人に違いなかった

    *] スズキがインドで製造したとき、アルトにも同様のドラマがありましたが、マルティは品質の点でドラマチックでした。
    ギアボックスの不良、部品の欠品(たとえば、燃料タンクの呼吸ホースが原因で車全体がガソリン臭くなった)など。

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします