ルノーR8ゴルディーニとフレンチレーシングブルー

Auto Motor Klassiek » オートスポーツ » ルノーR8ゴルディーニとフレンチレーシングブルー

もちろん、私たちは 69 のグレーの階調を知っています (伝聞ではありますが)。 そして、ブリティッシュ レーシング グリーンには少なくとも XNUMX の色合いがあります。 あの緑は到着が遅すぎたイギリス軍に対する緊急措置だった。 順番が来たとき、まだ空いていたのは緑と茶色だけでした。

1900 世紀初頭に人種が組織されたときは、すべてが異なっていました。 もちろん、物事を正しい方向に導く組織はありましたが、車自体は特異な運転をしており、はっきりと認識できませんでした。 XNUMX 年にゴードン ベネット カップを開催する際、わかりやすくするために国ごとの車に独自の色を付けることが決定されました。 レースには各国が XNUMX 台の車をエントリーしたため、個々の番号に加えて色によって、誰がどこから来たのかが明確になりました。
どの国がどの色を使用するかについて合意するための会議が開催されました。 もちろん、決定的なのはまず第一に参加国でした。 当時、これらはイタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、イギリス、ベルギー、アメリカでした。 フランスは水色になりました。 イタリアではまだ赤いフェラーリではなく、黒い車が運転されていました。

今日、現代のレースでレーシングカラーを見つけることはほとんど不可能であり、車は主にスポンサーのロゴによって認識されています。

ソー・ゴードン

同社は「ル・ソルシエ(魔術師)」の異名を持つアメデ・ゴルディーニによって設立されました。 アメデの息子、アルド・ゴルディーニは同社のメカニックとして働き、ゴルディーニ・チームのドライバーでもありました。 ゴルディーニは、1 年から 1950 年まで F1956 に出場しました。1962 年から 1969 年まで、ゴルディーニはルノーと協力し、ルノー・ゴルディーニの名前でル・マン 24 時間レースに出場しました。

ゴルディーニは競技車を製造しましたが、アバルトと同様に、緩い「高速」コンポーネントも供給し、ルノーのオーナーが夢と経済的可能性に応じて自分の車をゴルディーニのレベルに引き上げることができました。 自由市場を通じて、民間の衣装を着て活動を始めたかなりの数のルノーが、水色のジャケット、ゴルディーニのステッカー、そしてできるだけ多くの美しい高速グッズを受け取りました。

この期間の後、ゴルディーニは引退し、会社をルノーに売却しました。 ルノーはその名前を使用しました GORDINI とりわけ、ルノー ドーフィーヌ、ルノー 5、ルノー 8、ルノー 12 のスポーティなバージョンを示すものとして、ライトブルーが非常に本格的な色になりました。

ゴルディーニのルックスと魅力

ルノーのゴルディーニトリムは望ましい資産です。 特に真剣な仕事が行われた場合はなおさらです。 そしてそれは、ワールワイクの E&R クラシックスで見た R8 Major で起こり、それが私たちにこの考察のインスピレーションを与えました。 この 8 ルノー 1965 は、細部にまで細心の注意を払って往年のゴルディーニ ラリー仕様に改造されました。 外観だけでなく技術的にも、この車は1397馬力の80ccエンジン、ダブルウェーバーキャブレター、スパゲッティエグゾースト、ブレーキディスク、ゴルディーニR8タイプのアクスルなどを備え、本物のゴルディーニのレベルにアップグレードされました。 R1135。 このR8ではもちろん、ラリーステッカーを貼った「ブルー・ド・フランス」塗装がすぐに目を引きます。 そして、この記事の見出しの色に戻ります。

このような車は、アルデンヌやヴォージュにとって素晴らしいおもちゃです。 彼は真剣に威嚇しているように見えますが、フレンドリーです。 彼はタフで愛らしい人だ。 シェルビー マスタング レプリカよりも燃料の使用量が大幅に少なくなります。

ルノーR8ゴルディーニ

 

ルノーR8ゴルディーニ

ルノーR8ゴルディーニ

私たちはこの休暇中にフランスで下の写真のコピーが販売されているのを見ました。 特徴的なスポットライトなし。 しかも希望価格は3000ユーロ高い。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

4反応

  1. 私たちはこの休暇中にフランスで下の写真のコピーが販売されているのを見ました。 特徴的なスポットライトなし。 しかも希望価格は3000ユーロ高い。

    これは奇妙で間違ったテキストです。

  2. 私は若い頃、かなりの数のルノーを所有していました。 4、6、8、10、12、16、カラベル。 8台のうち、あまりにも腐っていたので、車が垂れないようにバックドアをロープで縛ったのを覚えています。 確かに、それはMOTが導入されるずっと前のことでした

  3. またまた素敵なお話。 オリジナルの R8 ゴルディーニだけが最初は 1108cc エンジンを搭載していましたが、数年後には 1255cc になりました。 1397cc ブロックは R5 から知られています。 そして、R18、フエゴ、R9、R11、トラフィックI、R12、スーパー5、5ターボエデンボルボ343など。

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードファイルの最大サイズ:8MB。 アップロードできます: 画像. コメントテキストに挿入されたYouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ