ヨーロッパまたはヨーロッパ以外からの古いタイマーのインポート

Auto Motor Klassiek » 物品 » ヨーロッパまたはヨーロッパ以外からの古いタイマーのインポート
古典買取あり(コピー)

多くのクラシックカー愛好家にとって、自分のクラシックカーを所有することは夢です。 最も美しいのは、もちろん「厳選された」コピーです。 休暇中に「自然の中で」スコアを獲得できます。 しかし、今ではオンラインで購入できる信頼できるオークション サイトもあり、その後、クラシック カーを輸入したくなるのは当然です。 それでも、これらのサイトが最初に発見された宝物を実際に見ることを推奨しているのは無駄ではありません。 現在の航空運賃を考えれば、問題はないでしょう。 

ヨーロッパ内でクラシックカーを購入することもできますが、EU域外からクラシックカーを輸入することも可能です。 どちらの場合も、最初に読んでみることが重要です。 そしてそれはこれから始まるかもしれません…

ヨーロッパの古典への参入

ヨーロッパ内では、国境を越えて古典作品を入手するのは非常に簡単です。 輸送以外に追加費用もほとんどかかりません。 イタリアに簡単に行ったり来たりして、事前に車を見ることができます。 まだ良好な状態であれば、簡単にオランダまで買収を進めることができます。 これより良い関係のスタートは不可能です。 ただし、「道中の不運」については疑ってください。 特定のメーカーやモデルを探している場合、原産国で見つけるほうが簡単であることは明らかです。 したがって、ドイツでもポルシェを見つけることができます。 ただし、Ebay や Novaweb などのフランスのサイトでも検索できます。 ヨーロッパ内では行政の標準化が進んでいるため、多くの場合、検査や取引を自分で問題なく行うことができます。 

ヨーロッパ以外からのクラシックカーの輸入 

輸入クラシックカーヨーロッパ以外からクラシックカーを輸入する場合、多くの場合、かなりの費用がかかります。 たとえば、場合によっては、輸入関税や特定の VAT コストや手数料を支払わなければなりません。 ルールと金額も国ごとに異なります。 ヨーロッパの外では、すべてが同じではないからです。 また、遠方の国では多くの人がその車を見て検査することは現実的ではありません。 そして盲目的な信仰はあなたが愛するもの以上のものを破壊します。 自分で現場を検査すると、特定の規制に抵触する可能性もあります。 たとえば、アメリカの場合、有効な 'ESTAアメリカ' 持つため。 さらに、為替レートも影響することが多く、予期せぬ事態を引き起こす可能性があります。 そのため、多くの人は現地で経験豊富な検査員に車検を依頼し、輸送も外部委託することを選択しています。 幸いなことに、安心して任せられる専門家がいます。

追加費用: 輸入時の輸入関税?

車が以下の基準を満たしている場合、輸入関税の支払いは必須ではありません。

  • 少なくとも30年以上前のモデルです
  • クラシックはオリジナルの状態です(車に大きな変更はありません)。
  • このモデルはもう生産されていません
  • 車は他の EU 諸国にあります
ヨーロッパ内の輸送

ヨーロッパ内の移動は通常陸路のみなので、自分で運転することも可能です。 保険についてはご了承ください。 そのためにはルールがあります。 そして解決策。 または、認定運送業者による輸送を選択することもできます。 クラシック輸送を専門とする自動車運送業者のネットワークがあり、クラシックカーを「返送貨物」としてスケジュールすることもできます。

他の場合には、購入品を水上輸送することを選択できます。 部品の損傷や盗難を防ぐための最も一般的なオプションは、コンテナでの輸送です。 コンテナに収まらないクラシックの場合は、「ロールオンロールオフ」インサートを使用できます。 注: これはすべての港で可能であるわけではないため、事前に調べておくことが賢明です。

インポート後

そしてついにその時が来ました。老人はもうすぐ家に帰ります。 現在、車をRDW検査に通過させることのみが義務付けられています。 ヨーロッパ以外で製造された場合は、ヨーロッパの基準を満たしていない可能性があります。 いずれにしても、古典的なMOTが必要か、価値があるかを確認してください。 情報とドキュメントのフォルダーを提供し、「シールドビーム」ランプを備えたクラシックランプは決してここでの RDW 検査に合格しないことを認識してください。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

2反応

  1. 素晴らしい記事ですが、それでも…
    2011 年現在、私は 1971 年式のシボレーを所有しています。 シールドビームヘッドライトに関して何かが言われた(そして行われた)のは、最後のMOTでのみです。 車はRDW自身によってナンバープレートの検査を受けています…

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします