マツダ、マイルストーンに到達:日本で5000万台の生産車

Auto Motor Klassiek » 物品 » マツダ、マイルストーンに到達:日本で5000万台の生産車
古典買取あり(コピー)

日本のマツダ株式会社は、昨年5月に15に50百万台目の日本車を製造しました。 マイルストーンは86年7か月後に達成されました。 最初に製造された車両は三輪車でした。 それは10月にマツダによって建てられました1931。

マツダは1931年に自動車メーカーとしてスタートしました。 広島では、三輪ピックアップトラックの製造からスタートしました。 1960年にR360クーペの生産が開始され、乗用車市場への参入をマークしました。 その後、日本人はさまざまなボリュームモデルで名を馳せました。 1500年代の最も美しい日本車の1800つは、Bertoneによって設計されたXNUMX/XNUMXシリーズでした。 マツダはまた、ワンケル技術の応用で印象を与えました。 従来のコーチや特別なモデルに搭載されることはめったにありませんでした。 燃料エンジンと区別するために、ほとんどのWankelモデルは「RX」と名付けられました。 このロータリーエンジン技術をマツダが最初に使用したモデルであるコスモスポーツは、非常に愛されています。

特別モデル

日本人は何年にもわたって多くの特別なモデルを開発しました。 実際、マツダは小型のオープンスポーツカーの復活の基礎となっていました。 それがMX-5で、今日でもメニューにあります(変更された形式で)。 多数のRXモデル、成功した323および626(3および5シリーズの前身)も、マツダの成功に大きく貢献しました。 豪華なXedosブランチも、メーカーのイメージを後押ししました。 今日、CXXNUMXとCXXNUMXはとりわけ人気があります。 そして、SKY-ACTIVテクノロジーを忘れないでください。

生産技術

メーカーは生産技術の分野でも忙しかった。 1982年に山口の北風工場で自動車の生産が始まりました。 それ以来、国内生産業務は北府と広島の拠点間で分担されてきました。 XNUMXつのベルトで異なるモデルを生産できる混合生産ラインにより、少量で複数のモデルを製造できます。 これは、製品の多様性、競争力、およびボリューム効率の間の従来のトレードオフにおけるブレークスルーと見なされていました。 日本の生産拠点は、自動車ブランドの世界的な生産の最前線にあります。 日本で始まった製造技術や技術は、海外の施設にも展開されています。

次のステップ

現在、構造改革の中期計画が展開されています。 2024年2019月期にXNUMX万台を生産するグローバルな生産体制を構築する計画です。XNUMX年には次世代の設計・技術を搭載した車両の量産を開始する予定です。日本のメーカーも生産体制の拡大に取り組んでいます。 これにおける主な考慮事項は、車をできるだけ早く顧客に届けることです。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

 

記事が気に入ったらシェアしてください...

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします