ホンダS800

Auto Motor Klassiek » 物品 » ホンダS800
古典買取あり(コピー)

XNUMX 年代初頭の自動車メーカーとしてのホンダは、現在フォルクスワーゲンがオートバイを生産すると報じられるのと同じようなものでした…

日本の自動車産業

1955 年半ば、日本政府が「国民車」で世界を喜ばせる計画を発表した瞬間に話を戻しましょう。 100人乗りで最高速度150キロメートルに達する必要があり、消費者に1955円を超える価格を課すことはできませんでした。 日本の産業にとっての挑戦であったため、スズキ スズライトは 1958 年 360 月に導入され、XNUMX 年にはスバル XNUMX とともに導入されることができました。

ホンダS360

ホンダは 1957 年と 1958 年に、新しく建設された作業場で「自動車」の開発に取り組むために約 1963 人のエンジニアを追加雇用しました。 ホンダの大ボスである宗一郎はやや控えめで、「自分の車」があらゆる面で成功するようにしなければなりませんでした。 プロトタイプが構築され、広範なテスト プログラムが完了しました。 ホンダの最初の車は360年100月に発売されたT250でした。 いいえ、356人乗りでも「フォルクスワーゲン」でもありませんが、時速30キロメートルに達する可能性のあるものです。 不安定な水色のみのピックアップでした。 駆動装置は、ダブル オーバーヘッド カムシャフトを備えた AK8.500 5 気筒動力源で、容量は 360 cm、XNUMX rpm で XNUMX 馬力を発揮します。 しかし、前年のXNUMX月XNUMX日には、ホンダの販売店の上級経営陣と選ばれたグループがすでに、そのエンジンを搭載した「オープン」スポーツカーであるSXNUMXを鈴鹿サーキットで知ることができていた。 歓喜のムードにもかかわらず、その小さなことが実際に生産されることはありませんでした。

ホンダ S360 プロトタイプ。 ただし、製品化されることはありませんでした

ホンダS500

ピックアップの生産が順調に進んでからXNUMXヶ月後、 突然 突然写真のホンダS500。 生産の準備ができました。 この車には当初、ダブルオーバーヘッドカムシャフトを備えた水冷492cm9.500気筒エンジンが搭載されており、最大531rpmまで回転できる8.000つのキャブレターによって供給されていましたが、すぐに容量44cmの同じエンジンに置き換えられました。 680 rpm で作動し、毎分 130 馬力をアスファルトに伝達しました。 縁石重量が 1963 キログラムの場合、最高速度は時速 1964 実キロメートルに達します。 ドライバーは自由に使える 1.363 つのマニュアル ギアを備えており、後車軸はチェーンで駆動されていたため、ディファレンシャルはありませんでした…! XNUMX 年 XNUMX 月から XNUMX 年 XNUMX 月末までにわずか XNUMX 台が製造されました。

ホンダS600

直接のライバル (?) は、ダットサン フェアレディ、トヨタ スポーツ 800、ダイハツ コンパーノでした。 1964 年 600 月、後継モデルである S606 が世界に発表されました。S57 は、コンバーチブルとしてだけでなく、美しいファストバック クーペとしても利用可能でした。 シリンダー容量は 140 cm に増加しましたが、それでも 1964 つのキャブレターが装備されており、1966 馬力と最高速度 11.284 km/h に優れていました。 最初の量産ホンダ車は、1.800 年から XNUMX 年半ばまでに、コンバーチブルとして XNUMX 台、クーペとして XNUMX 台納入されました。

ホンダS800

ホンダS800が見えてきました。 1965 年の東京モーター ショーで初めて公開され、人々はオースティン ヒーレー スプライト、MG ミゼット、 Triumph 販売台数でスピットファイアやフィアット 850 スパイダーを上回る…当初はまだ「チェーンドライブ」を搭載していたホンダ S800 が、1.000 cm 未満で最速の量産スポーツカーであると宣言されていたにもかかわらず、それは不可能でした。 ホンダ S1966 は 800 年に発売されました。 わずか 11.536 台を生産した後、1970 年 2000 月にホンダ コンバーチブルの幕が下り、世界は次のホンダ コンバーチブルが登場するまで 2000 年待たなければなりませんでした。 それが500年に発売されたS600です。 したがって、ホンダ S800、S7.000、SXNUMX は非常に希少で、いずれにしても非常に特別な車です。 少数生産され、「発見」が遅すぎ、部品不足、そしてもちろん錆びに悩まされていました。 XNUMX 年代、「普通の」量産車で毎分 XNUMX 回転以上で動作するエンジンは、少なくとも木馬の肥料や鶏の歯と同じくらい希少なものでした。

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

反応

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします