Jan WiebeTolmanによるFiatDino Spider(1967)。 違い。 

Auto Motor Klassiek » カジュアルミーティング » Jan WiebeTolmanによるFiatDino Spider(1967)。 違い。 
そこでクラシックを買う

自動車会社として、Tolman Drachten はこの地域で何十年も親しまれてきた名前であり、トヨタのディーラーとして確固たる地位を築いています (1983 年以来)。 しかし、この話はフィアットの歴史 (1956 年以降) に関するものです。 Alfa そしてランチアのディーラー。

作成者:Dirk de Jong

それはすべて、最初の場所からベーツステルズワーグで始まりました。 1969年の第XNUMX支店の開設時に、レナード・ラング(フィアット輸入業者)が目を引くフィアットディノクーペを持ってやって来ました。 Jan Wiebe Tolmanは当時まだ小さすぎてこのイタリアの美しさの印象を得ることができませんでしたが、彼が父親から事業を引き継いだとき、それはずっと後に変わるでしょう。

インスピレーションの物語

Jan Wiebe:「車は設計され、製造されています。普通の車輪付きの錫で、私たちが動き回るのを簡単にする大量生産品です。 仕事を終えた後、私たちが販売した車はしばしば再び下取りされました。 当時、彼らはただの古い車でした。 彼らが古典になる方法はありませんでした。 そして正直に言って、古い車は保管されていませんでしたね?」

疑問に思う?

Jan Wiebe:「1995年に、フィアットディーノスパイダーを含む同僚のディーラーから、10.000ギルダー以上の下取りを引き継ぐ機会がありました。 結局のところ、フィアットディーノは高価な車であり、ビジネスの観点からはほとんど関心がなかったのではないかという疑問が生じました。」

2007年にジャンプ

その間、フィアットディノスパイダーは印象を与えました。 それは今や特別な死刑執行の形態、それ自身の性格と気質についてでした。 特別なイタリアの厩舎からのレースカー。 フィアットディーノスパイダーでは、美しいデザインと技術的な完成度がすべてでした。 エレガンスとスポーティさの崇高な組み合わせ。

クエスト

ディーラーとして、オランダでまだ登録されているスパイダードライバーの数を確認するためにRDWにデータを要求することが可能でした。 2008年にはプライバシーが原因でこれが不可能になったため、検索はオンラインで続行されました。 2020年XNUMX月、元々はシルバーのフィアットディーノがデンバー(コロラド州)から登場しましたが、後にイタリアの赤い色に塗り直され、所有者が亡くなったために提供されました。 電子メールのトラフィックを通じて自信が生まれ、ストーリーが正しいことが判明したため、購入することが決定されました。 フィアットディーノスパイダーがコンテナに到着したとき、それはJanWiebeにとって最初のときめきのように感じました。 (それが消えることはないことを私たちは知っています。)しかし、彼の前には回復の長い道のりがあることにも気づきました。

アプローチの計画

フィアットディーノは2020年2021月に到着し、社内で直接技術的に検査されました。 同社のスペシャリストの2400人であるTeunHoekstraによって、1972月に完全に復元されました。 つまり、このタイプの修復では、さびを取り除き、塗料を剥がし、通常どおり小さな損傷を修復します。 XNUMX年の夏、この車はオランダ国籍の準備が整いました。もちろん、Jan WiebeTolmanの運転の喜びにも対応できました。 素晴らしい話、インスピレーションは、Drachten the Fiat DinoSpiderの熱心な従業員に新しい人生をもたらしました。 芸術作品への熱意により、フィアットディーノはXNUMX年からフィアットディーノクーペXNUMXのトラックにヤンウィーベトールマンをもたらしました。家族は今や完成し、それが彼を豊かにしていることは確かです。

また読む:
1967の自動車年。 選択です。 パート3(スロット)
フィアットディノ2リットルベルトーネクーペ(1967)。 レオンシェパーズのイタリアの血統の馬。
フィアット130クーペ。 XNUMX年間意図的かつ意図せずに排他的

記事が気に入ったらシェアしてください...

2反応

  1. ああ、またいい話だよ、みんな、

    トリノのディノにはフェラーリV6も含まれていました。
    このようにして、エンツォおじさんはこの素晴らしいマシンをより早く公認してレースをすることができました。
    その後、V6はランチアストラトスに搭載されました。 ストラトス……
    なぜフィアットは、エンツォおじさんとの戦争なしに、この美しい(ピニンファリーナ?)「ディノ」に固執することを許されたのですか? おそらく、フェラーリが最近FIATに所属したためでしょうか?

  2. なんてクールな車でしょう。
    これがもう作られていないのはとても残念です。 私はあえて「荒廃」という言葉を使います。 大切に、そんな車!

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします