タグ 修理する

路上での不運-コラム

私たちはすでに復旧会社から聞いたことがあります。 それはANWBによってフランスの北に送られて、座礁したオートバイを拾って、それを家に持ち帰ります。 エンジンは作動せず、素朴なホテルにそれを運転したカップルは主張しました。
古典買取あり(コピー)
ステッチカーボーフード

彼を窒息させましょう:carbriokap

春ですね。でもかなり濡れています。そして、あまり暖かくありません...そのため、コンバーチブルは車内に留まるか、ボンネットを閉じて屋外を走行します。そしてコンバーチブルトップもメンテナンスが必要です。定期的なクリーニングに加えて、縫製にも注意が必要です。

カップリング、開始色

開始色:カップリングは熱いです

写真のクラッチプレートもヒートカラーを施しております。クラッチが熱くなりすぎました。そして、それはクラッチを滑らせた状態で頻繁に長時間運転することによって起こる可能性がありますし、起こるでしょう。カップリングは、Really Old Lady が所有していたクラシックから来ています。クラッチプレートはリベットまで磨耗していました。そして、ああ、そうです。車の残りの部分はきれいでした。ただし、クラシックカーを購入するときは、クラッチに滑りがないか必ず確認してください。特に前輪駆動車の場合、クラッチの交換は非常に(高価な)作業となることが多いためです。
ウルフ、ウラル

オランダのオオカミ

Moto Rep - www.motorep.nl - の Arend は、クラシック バイクのメンテナンスに情熱を注いでいます。そしてごくまれに、販売用または委託販売用のオートバイを所有していることもあります。