タグ カワサキ

古典買取あり(コピー)
川崎H1-500:「未亡人」

川崎H1-500:「未亡人」

「ウィドウメーカー」または「ロデオバイク」。革新的なカワサキ H1-500 cc XNUMX 気筒にこれらのニックネームが付けられたのは無駄ではありません。短い寿命の間に、マシンは爆発性が低下しましたが、優れたツーリングモデルになることはありませんでした。それは意図したものではありませんでした…

川崎G7フロントエッジ

Kawasaki G7、サイズが重要

「史上最も美しいクラシック」に関するすべての写真集には、常に同じ伝説的なバイクが登場します。これらはオートバイ業界の傑作、当時最も高価で最も重い機械についての絵本です。すでにアクセス不能になっていたマシン…

川崎GPZ 1100

川崎GPZ 1100

先祖であるカワサキ Z1 (900 c) は、技術的にホンダ CB750 OHC の座を奪ったエンジンで、1972 年に登場しました。ダブル オーバーヘッド カムシャフトを備えた 81 気筒は XNUMX 馬力を発生し、…

ZZ-R600

川崎ZZ-R600 定番ですか?

カワサキはその歴史の中でスピードを資産として活用してきた。高速で非常にスポーティなバイクもクラシックになる可能性があります。たとえそれらが正式にクラシックになったばかりであるにもかかわらず。しかし、ロードサイドのレジが乱立している現在では、あまり実用的ではありません。ダイハード…

6気筒

6気筒以上

6気筒+ターボ。それはちょっと多すぎませんか?オートバイの世界における 6 気筒は、メーカー (およびほとんどの購入者) にとってステータス シンボルでした。 6気筒ゴールドウイングで大金を稼いだのはホンダだけだ。実際、6気筒は…