スパークプラグが壊れているか、無害なリークがある

Auto Motor Klassiek » 物品 » スパークプラグが壊れているか、無害なリークがある

点火プラグ、コロナステイン読者のハーム・メツガース氏は、彼の古典的なスパークプラグ(のスパークプラグ)に何か問題があるのではないかと疑問に思いましたが、このスパークプラグは「切れた」スパークプラグでも問題ありませんでした。

ここでは英語話者が「コロナ染色」と呼ぶものを扱っています。 それは確かに点火プラグの内部からの圧縮漏れです。 NGK などのメーカーによれば、害はないとのことですが、取り付けられているすべての点火プラグがこの影響を受けることはあまりありません。

点火プラグを締めすぎるとコロナ汚れが発生するという人がいます。 しかしそれはまだ証明されていません

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

反応

  1. まだまだこれには応えたいと思います。 これは説明したようなコロナ汚れではなく、点火プラグに圧力が漏れて漏れが生じているだけのケースです。 コロナ汚れは、単に点火プラグの周囲の空気中の (オイル) 粒子の静電気的な引力です。 次に、金属に近い点火プラグの目に見える最も熱い部分が燃えます。 しかし、コロナ染色にはそのような線はありません。したがって、これは間違いなくコロナ染色ではありません。

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードファイルの最大サイズ:8MB。 アップロードできます: 画像. コメントテキストに挿入されたYouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ