スチューデントベーカー、ローバーとウルズリー

Auto Motor Klassiek » 特別な » スチューデントベーカー、ローバーとウルズリー
古典買取あり(コピー)

 

数年前、私はテムズのドーチェスターにいました。 私はそこにホテルを予約していました、そして私はそのホテルがかつてミッドサマー殺人事件のエピソードのための場所だったと言われました。 いくつかの検索の後、我々はホテルを見つけました、そして、我々が部屋にバッグを置いた後に、残り時間がありました。 私たちは外に座りたかった。

通りの少し先にある別のホテル、ジョージで適切な場所を見つけました。 おいしいラガーが手の届くところにあるので、私の午後は間違いありませんでした。 私たちは素敵な古い家を楽しんだし、時々ホテルのゲストが現代の車で門を通り抜けた。 突然別のエンジン音が鳴り、私は今何が来るのかを予想して見ました。私は自分の目を信じることができませんでした。印象的な色の金色の小さなウォルズリー1500が通り過ぎました。 私はすぐにカメラを手に取り、駐車場の端まで走りました。 私はオーナーに話しかけ、写真を撮ってもいいかと尋ねました。 ウォルズリーは昨年50歳になったので金色に塗られました。 オーナー自身が50月に1950歳になり、2000年のスタッドベーカーも持っていたので、写真を撮るために車からターポリンを外し始めました。 彼はサイドバルブ付きのXNUMX気筒インラインエンジンがあったと言った。 その隣には、売り出し中の看板が付いたモリスマイナーがいました。 近年はショッピングカーとして使われていましたが、車が多すぎて行かなくてはなりませんでした。 プラスチックの下にはまだ車があり、それが今何であるか非常に興味がありました。 私の要求で、ターポリンもそこで取り除かれ、私はローバーXNUMXTCと向かい合っていました。 彼は車が彼の父のものであり、廃棄から救われたと誇らしげに言った。

テキストと写真:Jacques van den Bergh、www.jbfreelancejournalistiek.nl

無料でご登録いただければ、クラシックカーやオートバイに関する最新記事を掲載したニュースレターを毎日お届けします。

必要に応じて他のニュースレターを選択します

スパムは送信しません。詳細については、当社のプライバシー ポリシーをお読みください。

記事が気に入ったらシェアしてください...

反応

  1. いい話だし、おそらくたくさんあります。
    私はかつてイタリアから電車で来ました、そして、顧客に代わって6からのXagum XJ3タイプ1985(115.000kmで)を売りたいJamuarディーラーがバンベルク(美しい町)にあることを思い出しました。
    私はそこで電車を降りて、翌朝私は数時間後に短くなるためにXJ6の隣に立っていた
    私はそれを家の中のポケットに入れて輸出ナンバープレートときちんとした請求書の上で(それは大丈夫だったので支払うことなく!)運転しました。
    ここオランダでは、小さなターンの後にお金を払わずに去ることはできません! 私は手料金がなくても、完全に未知のガレージから美しいジャガーを手に入れました、そして今楽しんでください!
    Carel Sarlet(サウスドレンテ在住)「ドレンテニエ」!

返信を残します

メールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です* *

アップロードの最大ファイルサイズ: 8 MB。 次のものをアップロードできます。 afbeelding. コメントテキストに挿入された YouTube、Facebook、Twitter、その他のサービスへのリンクは自動的に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップします